田舎のメリット

田舎のいいところ。
それは、田舎は近所の人たちがみんな顔見知りで、みんななにかがあれば集まり話し合う。
どこかの家で子供が産まれれば見に行き、誰かが亡くなったらお葬式を手伝いに行く。
そんな家族のような親戚のような関係が田舎にはある。
部落ひとつが親戚の集まりのようだ。
そんな関係がとてもあたたかくほのぼのしている。
いつも誰かが見てくれていて、いつも誰かが心配してくれる。
それが田舎のいいところだ。
そう言うのに憧れて、都会から引っ越してくる人もいる。家の隣の人もそうだった。
しかし、時にはそれがいやになるときもある。
噂話が早いときだ。
どこどこの誰々が結婚しただの、どこへ勤めただの、彼氏を連れて来ただの、男に逃げられただの・・・。
ほっておいてほしいこともある。
聞きたくないこともある。
田舎はそんな付かず離れずの関係が難しい。
最近はアパート暮らしになって、そう言う関係もなくなった。
どちらかと言うと干渉されない環境になった。
そうなって少し楽になった面とどこか淋しさを感じる面、どちらもある。
近所付き合いが楽で、会えば挨拶を交わせばいい程度。隣に誰が暮らそうと、引っ越そうと関係ない。
そんなところは少し楽だったりもする。
しかし何かあったときに聞く人がいない、頼める人がいない、情報収集ができない、そんなときはやはり田舎とは違う都会の殺伐とした感じに淋しさや虚しさ感じたりをする。
どちらがいいのかはわからない。
その人の感じ方、生き方次第だと思う。
ただ私は都会に生活するようになり、うざったさをも感じていた田舎の生活に少し淋しさと羨ましさを感じるようになった。
やはり私は根っからの田舎者なのだろう。
こうやって町の中で暮らしていると、田舎が恋しくなる。
だからこうやって自分の思いを文字に打っているのだろう。
そんなことを考えられる自分の田舎があるから、こうやって言葉を繋げられているのだろう。
そんなことを考えていると、少し複雑な気持ちになってきた。